茨城県教育委員会 教育長

 

 

 

茨城県教育委員会教育長

柴原 宏一

「キャンドルナイト2018 in さぬま」が,多くの方々の参加のもと,盛大に開催されますことを心からお慶び申し上げます。

また,実行委員会の皆様をはじめ,活動趣旨に賛同された企業,団体,市民の皆様が,「we Have a Dream ~想いがつなげる未来への道」のテーマのもと,未来の子どもたちと地球のために,地域の方々が心を一つにして,地球温暖化防止に取り組まれていることに対し敬意を表する次第であります。

本県では,「子どもたちの自主性・自立性を育もう!」をテーマに掲げ,社会を生き抜く力の育成,生活習慣・しつけなどの家庭の教育力の向上,家族愛や世代をつなぐ意識の醸成など,青少年の健全育成に取り組むほか,社会全体で子どもたちを見守り育てるために地域コミュニティーの再生にも努めているところです。

そのような中,下妻市,八千代町,常総市(旧石下町)の方々が集い,「電気を消して,スローな夜を。」の合い言葉のもと,キャンドルの薄灯りの中で過ごすことは,子どもたちにとって,日々の生活を見直すきっかけになるとともに,家族と語らいふれあうことで,絆が深まる機会にもなり,大変有意義な体験になると思います。

「キャンドルナイト2018 in さぬま」の開催が,一人ひとりが普段の生活を振り返り,環境問題等について改めて認識する契機となりますよう御期待申し上げ,御祝いの挨拶といたします。