下妻市立中学校 学校長

%e4%b8%8b%e5%a6%bb%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e6%a0%a1%e9%95%b7

 

 

 

 

 

 

 

下妻市立下妻中学校 学校長

鈴木 悟

 

 

今年で第11回を迎える「キャンドルナイト2017」が、多くの皆様のご協力のもと、盛大に開催されますこと、心よりお喜び申し上げます。今年度も実行委員会の皆様の心温まる活動に、本校も協力をさせていただく機会を得ることができ、感謝申し上げます。

このキャンドルナイトは、地球の環境問題や我々人類の諸問題を考えるイベントです。一昨年の関東東北豪雨災害は、私たちにとって自然災害や環境問題を考えるよい機会となりました。昨年は熊本大地震、今年も度重なる台風の上陸など自然災害が日本各地で発生しています。また、世界各地でも気象変動による様々な自然災害が起こっています。

下妻中学校では、生徒会を中心に募金活動を実施し、熊本大地震の復興支援を行ったり、総合的な学習の時間を使ってクラス単位で社会貢献活動やボランティア活動を行っています。また、リサイクル運動の一環として、砂沼祭(文化祭)では、今年もペットボトルキャップで壁画を作り、展示する計画を進めています。砂沼祭後は、ポリオワクチン代とし、世界の子どもたちの命を救う活動に参加する予定です。これからも環境問題や自然保護に目を向け、生徒が自ら考え行動できるよう取り組んでいきたいと思います。

キャンドルナイトは、ろうそくの薄明かりの中で、環境問題や自然保護のこと、家族のことや学校のことなど、一人一人が考える諸問題についてゆっくりと想いを巡らす時間です。そして何よりも、日頃の便利な生活や時間に追われた生活の中で見失ってしまった自分自身を見つめ直すよい機会となるでしょう。

さあ,でんきを消してスローな夜に、一人一人の心の中に、明かりを灯しましょう。