八千代町 町長

 

 

 

 

 

 

 

八千代町 町長

大久保 司

「でんきを消して、スローな夜を。」を合言葉に、地球温暖化対策や家族・地域のつながりを大切にした取組み「夢キャンドルナイト 2018inさぬま」が今年で12回目を迎え、盛大に開催されますこと、心からお慶び申し上げます。
八千代町におきましても、皆様方の活動に共感を呼ぶ人々が増えたのではないでしょうか。実行委員会の皆様のご努力に対しまして深く敬意を表する次第でございます。
地球温暖化が進行していることはもはや疑う余地がありません。
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によりますと、私たち人間の活動が温暖化の要因である可能性が極めて高いとされております。
地球温暖化により私たちは、かつて経験したことのないような気候の変化に直面しております。極端な高温や強い台風などの異常気象が各地で発生し、私たちの生命や財産に甚大な被害をもたらすほか、生物を絶滅の危機にもさらしております。
人間社会や自然の生態系が危機に陥らないためにも、世界の国々が協力し合い、連携をし「地球温暖化」の取組みが重要となっております。
今回、開催されます「夢キャンドルナイト2018inさぬま」 は、一人ひとりが、地球温暖化問題について理解を深め、子どもたちに明るい地球の未来を創り出すために、地域住民が力を合わせる良い機会となることでしょう。
愛するふるさとへのメッセージや災害復興への祈りをこめて、夢キャンドルの火を灯していただきたいと思います。そして、このイベントを通じ、「地球温暖化」への警鐘を鳴らし、私たちも「地球温暖化」を防ぐために、一人ひとりが自分に出来ることから実践していきましょう。
最後になりますが、下妻青年会議所の益々の発展を心からご祈念申し上げますとともに、今回のイベント開催に多大なご尽力をされました実行委員の皆様に感謝を申し上げ、お祝いのごあいさつといたします。